楠浦 崇央 | Kusuura Takahisa

TechnoProducer株式会社代表取締役 楠浦崇央

1995年 京都大学工学部機械工学科卒
1997年 京都大学大学院工学研究科エネルギー応用工学専攻 修了(現:エネルギー科学研究科エネルギー変換工学専攻)修了
各種金属材料、特に航空機用チタン合金の疲労強度と熱処理/ミクロ組織の研究を行う。

卒業後、川崎重工業株式会社にて大型オートバイのエンジン開発に従事。
2002年から株式会社小松製作所にて、風力発電関連新規事業開発に従事、開発・設計・生産技術・営業を担当。

その後、2004年に研究開発ベンチャー「SCIVAX 株式会社」設立、CTO 兼ナノインプリント事業責任者。
特許情報分析を活用し、戦略的な技術開発・事業開発の手法を独自に開発、実践。
常識破りの発想で、実現不可能とされた技術の開発や、誰も気づかなかった新用途開発を次々に成功させる。

企画立案した新規事業は投資家より高く評価され、総額20億円以上の資金を得て一部は大手化学メーカーへExit

2008年にTechnoProducer株式会社設立、取締役就任(現 代表取締役)。

次世代を担う「創造的リーダー」人材の育成を目指し、京都大学にて「発明塾」を開始。
発明塾生と共に、高校・大学での「発明塾」開催にも尽力し、更に若い世代の育成にも力を入れる。

世界中の企業内で「発明研究所」が設立されることを目標に、
オンラインで手軽にノウハウを学べる「e発明塾」発明の実働支援を行う「企業内発明塾」を開始。

メルマガnote で、日々、情報発信中。
今後の講演予定などは、こちらをご覧ください。

私が、なぜ今の仕事に関わることになったか経緯など詳細は、こちらでもご紹介しております。そちらもぜひご参照ください。

【略歴年表】

1995年京都大学工学部機械工学科卒業
1997年京都大学工学研究科エネルギー応用工学専攻修了 修士(工学)
1997年川崎重工業株式会社入社
2002年株式会社小松製作所入社
2004年SCIVAX株式会社設立 CTO(独立行政法人 産業技術総合研究所 研究員兼務)
2008年TechnoProducer株式会社設立 取締役(現 代表取締役)

【主な実績】

医療/ナノテク/バイオ/コンピュータサイエンス/ロボット/環境/エネルギー/
ディスプレー/ウエアラブルデバイスなど、幅広い分野において、多数の発明を創出。

■論文・記事

2008年2月
「特許情報を用いた技術マーケティング」
(フュージョンアンドイノベーション テクノロジーマネジメント 2008年2月号)

2010年3月
「イノベーションのための特許情報の活用」
(知財管理 2010年3月号)

2011年8月
「知財戦略とはなにか~発明研究所のすすめ」
((独)産業技術総合研究所ナノシステム研究部門ナノテクノロジー戦略室機関紙「PEN」連載)

2013年8月
「アイデアを生み出すには~誰でもできる発明発想法を目指して」
(技術情報協会編「顧客も気づいていない将来ニーズの発掘と新製品開発への応用」)

■メディア・取材

2008年
「知財の利回り」東洋経済新報社(岸 宣仁 著)

2008年10月
ワールド・ビジネス・サテライト-特集 知の争奪戦」 テレビ東京

2012年2月
「第3回京都ハピネス研究会-大学都市とイノベーション」 KBS 京都

■講演・学会活動

2009年11月
「特許情報を用いた技術マーケティング」
(日本経営システム学会 関西支部 第66回研究会)

2010年3月
「特許情報分析を用いた効率的な発明支援法」
(人工知能学会 知識・技術・技能の伝承支援研究会 第9回研究会)

2013年11月
「技術の変化点における技術・経営戦略-オープン・クローズド設計」
(技術・研究・計画学会第28回年次総会)

■大学

2010年~2014年
立命館大学理工学部非常勤講師「マーケティング・リサーチ」担当

2012年~2013年
立命館大学技術経営(MOT)大学院非常勤講師「先端科学技術とビジネス」担当

2010年~2015年
京都大学全学共通科目「起業と事業創造(知財戦略)」担当

2010年~
京都大学工学部物理工学科非常勤講師「ものつくり演習」担当